P5211358.jpg 

先日日曜日にフィーマは手術を受けました。

ヒートがなかなか終わらずまた陰部から膿も出ているので、もしやと思い診察を受けたところ、案の定「子宮蓄膿症」と診断され、手術を受けることになりました。

10歳ということで正直手術を受けさせるべきかどうか迷いましたが、獣医さんを信じて、フィーマががんばってくれることを祈って受けました。

手術後、獣医さんから無事に終わったという電話をいただいた時には、ほっとしました。

子宮だけでなく卵巣も腫れていてかなりの大手術だったそうです。術後に面会に行った時、摘出した子宮や卵巣も見せてもらいました。子宮と卵巣合わせて…握りこぶし二つ分くらい、いやそれ以上の大きさ。これがお腹にあったということはかなりつらかったのではないかと思います。フィーマもがんばりましたし、何より大変な手術を引き受けてくださった獣医さんやスタッフの方々に感謝するばかりです。

フィーマの経過は良好。まだ完全に安心はできませんがもう少しすれば抜糸もできそうです。このまま完治してくれることを祈っています。

2010.05.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onlywanmarutagoya.blog99.fc2.com/tb.php/122-4463be19