P7220480.jpg 

9月2日に西澤の担当犬、クィーンが亡くなりました。先月7歳の誕生日を迎えたばかりでした。

クィーンは西澤が訓練学校時代に担当した訓練犬で、卒業後、西澤の実家に連れて帰りました。もともとおなかの弱い子で西澤が訓練学校卒業後からずっと病院通いをしていたそうです。卒業後1年生きられるかどうか…と言われたクィーンでしたが、4年以上生きたのは西澤がしっかり健康管理を行い、世話をした結果だからだと思います。

先月後半に体調を崩し、いったんは回復するかに思えたのですが、9月1日に様態が急変、最後は家族で看取ってあげたいということで西澤の実家に連れて帰り、西澤と家族に見守られて息を引き取ったそうです。

実は今日は自分の愛犬コナの1周忌です。ちょうど1年前のコナの姿と重なり、自分もつらかったです。もちろん、もっとつらいのは西澤ですが…。

この一年コナ、ティンパ、クィーンと次々に犬たちが逝ってしまいました。生きている以上別れがあるのは当然です。こういう仕事をしていれば犬たちとの別れが数多くあるのも当然です。でもやはり悲しいですし、すぐには立ち直れません。それでも今生きている子たちがいます。悲しい気持ちは持ちつつも、今生きている子たちのためにがんばっていこう、それが亡くなっていった子たちへの追悼の意にもなるのではないかと思っています。

クィーンを愛してくださった皆様、本当にありがとうございました。
2010.09.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://onlywanmarutagoya.blog99.fc2.com/tb.php/152-3700e1e5